HEMSの実用化 practica por casa Energia

宮城県の地球温暖化防止活動を拝命している関係で、予てから関心のあったHEMS home enerugy management system の説明がきけるとあって、駅前の住宅展示場に出かけた。地場の住宅会社K社展示場の中で、
かって働いたPanaのエコソリュ-ション社北海道、東北を担当するk課長が講師である。
画像
(写真は、分電盤の中で、変流器をFケーブルにかぶせ、電流値を計測し、アプリでモニターに表示させる方式。分電盤と下は太陽光発電の端子盤)。
画像
(写真:同じくエアコンの端子盤)東北電力の売電と太陽光発電との仕組み、エアコンの省エネ。また、グーグルの検索システムを連動した照明の制御などが話の中心で、本格的稼働の状態になりつつあると確信した。
画像
(写真:手前のAiスピーカに話しかけると照明が点灯する仕組みの説明ボード)なお、他にも、宮城県がこれらのシステムに補助金を出す話もあった。太陽光発電に5万円、HEMSに3万円などである。窓口は建築住宅センターさんである。ほかの聴講者から太陽光発電の補償の質問もあり、昔、太陽ヒータ(太陽光で温水をつくるシステム)を扱った記憶から、話は飛躍する。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック